勝手に奥出雲探求レポート

前へ
一覧へ

母の地にスサノオ心を叫ぶ

母の地にスサノオ心を叫ぶ

 

●「三つ子の魂」の願い

ちょうど2年前、日韓文化交流の講義のために、
春の初めの美しい奥出雲を訪れた。

韓国に住んでもう18年にもなる私が、韓国との間での観光開発のために招請を受けたもので、地元のお偉いさん方が60人ほど集まる中、1時間半、韓国文化に関する講義をし、それとともに観光資源を視察してきた。

実は2005年の夏に、鳥取県のほうから呼ばれて講義したことがあり、その時に出雲大社をはじめ島根-鳥取の名所は観光していたが、奥出雲を訪れたのは初めてだった。

考えてみれば、私にとってはこの地の訪問は、
いわば「三つ子の魂」の念願だったともいえる。

講義の最初にも紹介した話だが、私は誕生から4歳になるまで祖父母同居のもとに育った。

当時の楽しみは、早朝、誰よりも早く起きて、2階の自分の布団を抜け出し、1階の部屋の祖父の布団にもぐり込んで、そこで昔話を聞くこと。

祖父は神道系の信仰が深く、古事記や日本書紀に出てくる日本の神話を、幼い初孫になかなかの演出で語ってくれた。

中でもお気に入りが、ヤマタノオロチ退治の話で、今でも、目を閉じれば、八つの頭を持つオロチが緑深い山を降りてくる姿や、山を駆け回るスサノオの猛る雄姿が、脳裏に焼きついている。

その神話のふるさとこそ、ここ、懐かしき奥出雲の地である。

実際に目にした、奥深い山々の緑や低く垂れ下が雲の光影は、
かつて幼い私の頭が描き出した神秘的な風景そのままだった。

実際、出雲は、全体が日本の神話のふるさとであり、『古事記』の神話の3分の1は、「出雲神話」が占めているという。

よく語られるとおり、大和言葉で、10月を「神無月」といい、出雲では「神在月」というが、それは10月に神々が出雲に行ってしまって、他の地域にいなくなるという意味だ。

山陰は雲が多いが、空気がきれいで、
その厚い「八雲」の間から湖面に注ぐ光を見れば、
天から神々が降りてきた地だということが自然に受け入れられる。

●聖なる母の「イツモ」

荒ぶる神スサノオは、父イザナギから、海原を治めるよう命じられた時、
母イザナミのいる「根の国」に行きたいといって大泣きに泣いたというが、
その「根の国」が、この奥出雲である。

「出雲」という地名も、日本の母神であるイザナミを、「聖なる母」の意味で、「稜威母(イツモ)」と貴んだことからきたという説がある。

島根県安来(やすぎ)市にある比婆山(ひばやま)の山頂、熊野神社には 、イザナミの神陵古墳と伝えられるものが存在しており、そのため、江戸時代にこの地は「母里(もり=母の里)」藩とされた。

また、古代遺跡の類似性や方言などの文化的共通点から、この「出雲国」と、東に隣接する「伯耆(ほうき)国」が一つの文化圏であったと考えられ、「雲伯地方」などとも呼ばれるが、この「伯耆」の名も、古くは「伯伎(ははき=母の港)」だった、とされている。

くどくどと語ったが、
私がその時、奥出雲の地を初めて訪れた感慨をもとに一言いいたいことは、ここは日本人皆の隠された「母の地」だ、ということだ。

韓国との関係でもいえるが、最低限、この地が、半島から先祖の渡来人が訪れ、
最初に国をつくった現日本人の「根のふるさと」であったことも間違いがないだろう。

私も、海外に住む年月が長くなるにつれて、
故郷・日本を思う思いは日に日に純化されていく。

そして私自身の心の奥に、魂の故郷を探し探し求めていけば、
そこには幼い頃、祖父から学んだ日本の心が指し示す地がある。

それがこの母の地たる奥出雲。

私ばかりではない。
日本で、世界で、現代を生きる、荒れすさぶ神たるスサノオの子孫たちは、
皆、心の根を求めながら、この母なる地を慕って、
今日も心の底で泣き叫んでいるに違いないのである。

------------------------------------------------------

■武藤かつきよ

韓日文化交流連合会/事務局長兼専任講師

機関紙『チャク』編集長

民間の国際交流団体・韓日文化交流連合会の事務局長として、
1992年渡韓以来、韓国で国際交流の指導にあたると共に、
機関紙『チャク』を創刊して、ジャーナリストととしても活動している。

筑波大学比較文化学部で、日韓の比較文化学を専攻。
著書に『日韓人の行く道』、『日韓人マニュアル』。

韓国人の妻との間に1男1女。

〈講義内容〉

日韓間の文化の違いと理解を講義。
日韓両国の国民が、根本的な文化の違いによって体験する多様な状況を誤解なく
受け入れられるように解説し、同時に韓国の文化の本質を規定して、
昨今の韓流ブームの原因にまで迫る。

前へ
一覧へ

コメント(0)

ニックネーム

6文字まで / 公開されます

メールアドレス

公開されません

メッセージ
顔マーク 顔マーク

好きな画像を1つお選びください。サイト上でご自身のマークとして表示されます

投稿キー
投稿キーを入力
上の数字と同じものを入力してください