奥出雲観光スポット

一覧へ
次へ
稲田神社

稲田神社は、ヤマタノオロチ神話に登場する稲田姫(イナタヒメ)を奉る神社です。

神社の周辺には、稲田姫(イナタヒメ)の生まれたときに使われた「産湯の池」や、へその緒を竹で切ったと伝えられる「笹の宮」が今もなお奉られています。


 

稲田姫(イナタヒメ)にちなみ、昭和7年に小林徳一郎氏(横田出身、九州小倉の石炭王)が神殿を新築、勧請した神社です。

ヤマタノオロチ神話を巡る名所として
多くの人が訪れる場所でもあります。

 

 

 

(写真左)
稲田姫(イナタヒメ)が生まれたときに使われた「産湯の池」

 

(写真右)
臍の緒を切るときに使われた「笹の宮」

 

 

問合せ先:奥出雲観光協会

 

住所 島根県仁多郡奥出雲町稲原354
連絡先 0854-54-2260
 
駐車場 20台
・・・・・読み込み中です
一覧へ
次へ