勝手に奥出雲探求レポート

前へ
一覧へ
次へ

姉妹で巡る。晩秋の奥出雲 《エピローグ編》

姉妹で巡る。晩秋の奥出雲 《エピローグ編》

最後に、奥出雲の魅力を発見してくれたのは、
広島在住の赤井さん、深井さん、姉妹です。
お子さんと一緒に3人で奥出雲の旅に出かけていただきました。

秋ももう終盤で、肌寒い時期でしたが、
とても熱い奥出雲の旅を体験していただきました。


 

◆赤井さん・深井さんが行かれた場所はコチラ◆

【1】山県そば

(奥出雲町大呂515)

 

山県そばさんは、奥出雲町産そば粉を100%使用した「おろちそば」が自慢のお店。こちらで、職人の皆さまに教えていただきながら、新そばを使ったそば打ち体験をしていただきました!

 

【2】鬼の舌震

(島根県仁多郡奥出雲町三成宇根)

 もはや奥出雲の旅の大定番の鬼の舌震。看板を前にテンションアップ!!たっぷりと散策した後は、すぐそばにある舌震亭でも楽しい時間を過ごされたようです。

 

【3】絲原記念館

(島根県仁多郡奥出雲町大谷856)

 

 

【4】可部屋集成館

(島根県仁多郡奥出雲町上阿井)


歴史ある建物を2軒、続けて散策。赤井さんは建築関係のお仕事をされているとのことで、とても関心高くご覧になられていました。紅葉の時期が終わっていたのが少し残念です。

 

【5】松葉屋/A-COOP

最後はお土産ものと、夜ご飯の材料を買って帰ろうということで松葉屋さんと、出雲横田駅近くのA-COOPへ。奥出雲づくしの夜ご飯を家族で満喫されたようですよ!

 

◆この旅をプランニングした赤井さんに、
旅のおすすめポイントをお聞きしました。

この度の旅は、「食」・「自然」・「歴史」を一日で体験するコースを企画しました。 「食」では、実際に作る行程も盛り込まれています。かなりハードかな、と思っていましたが、意外にも時間的にも体力的にも余裕がありました。最後は地元スーパーで、夜ご飯の食材まで買って帰るほど。もちろん、奥出雲和牛をゲットして帰りました!

 


 

食に、自然に、歴史にと、奥出雲の旅を大満喫された赤井さん、深井さんご姉妹。 とっても楽しそうな充実した1日。旅のご様子は次回よりご紹介します!

前へ
一覧へ
次へ

コメント(0)

ニックネーム

6文字まで / 公開されます

メールアドレス

公開されません

メッセージ
顔マーク 顔マーク

好きな画像を1つお選びください。サイト上でご自身のマークとして表示されます

投稿キー
投稿キーを入力
上の数字と同じものを入力してください