勝手に奥出雲探求レポート

前へ
一覧へ
次へ

秋の奥出雲女子旅ツアー 《エピローグ編》

秋の奥出雲女子旅ツアー 《エピローグ編》

そろそろ、奥出雲魅力発見モニターも終盤です。

7組目に、奥出雲の魅力を発見してくれたのは
広島発30 OverコミュニティCOAKI
KOTOMIさん、おすずさん、こむかいさん、ナホさん。
秋の奥出雲女子旅ツアーを開催していただきました。
COAKIの皆さんは美味しいお店、楽しい場所を知り尽くした女性ばかり。
奥出雲のどんな魅力を発見してくださるか楽しみです。



◆COAKIさんが行かれた場所はコチラ◆

【1】&CAFÉ 華羅
(島根県雲南市木次町東日登 木次町東日登240-4)



奥出雲に向かう途中、
雲南市木次まで少し足を延ばしてランチタイム☆

こちらは、以前、ママ旅をしていただいた吉宗さんも訪れた場所
内装、お料理、お店の方がたの対応など女子ゴコロをくすぐる場所なのですね。




【2】出雲湯村温泉
(島根県雲南市木次町湯村1336)



お腹もいっぱいになったところで、
ヤマタノオロチの伝説が残る斐伊川上流に湧く温泉、出雲湯村温泉へ。
時間の都合もあり、美肌の湯で、皆さん足湯を楽しまれました。
身体の芯からポッカポカ☆




軒先に干してある大根とか丸いポストとか。

すべての懐かしい感じ、風景に癒されたそうですよ!


【3】鬼の舌震
(島根県仁多郡奥出雲町三成宇根)



秋の紅葉を探しに鬼の舌震へ。

といっても3名の方が、なんと高所恐怖症とのこと。
そんなそぶりはまったく見せず、かなり素敵なお写真をいただきました!

皆さん、どんな魅力を発見されたかな。


【4】奥出雲のとうふ屋 石田食品
(島根県仁多郡奥出雲町横田1098-4)



今回の旅のメインともいえる体験プラン。
大豆も自家製、こだわりのお豆腐屋さんで
お豆腐&湯葉づくり体験にチャレンジしていただきました。



【5】道の駅 酒蔵奥出雲交流館
(島根県仁多郡奥出雲町亀嵩1380番地1)



その後は、お土産をゲットしに、酒蔵奥出雲交流館へ。
奥出雲のお土産が網羅されているこちらの道の駅。
とてもお買い物しやすかったご様子です。
思わずたくさん買い込んでしまったそうです☆




今回、行っていただいた4名の皆さんは奥出雲初訪問。
「奥出雲は、風景・食・体験がきちんと揃っていて、
あと、出会う人たちが皆さん優しくてほっこりしました。
都会の喧騒に疲れた人の癒しの場所のようですね。」と、
旅の感想をいただきました。


はたしてどのような旅をしていただいたのか。
また、改めて詳しくご紹介いたします!


前へ
一覧へ
次へ

コメント(0)

ニックネーム

6文字まで / 公開されます

メールアドレス

公開されません

メッセージ
顔マーク 顔マーク

好きな画像を1つお選びください。サイト上でご自身のマークとして表示されます

投稿キー
投稿キーを入力
上の数字と同じものを入力してください