勝手に奥出雲探求レポート

前へ
一覧へ
次へ

《女子旅》 奥出雲の自然・人・風景に触れてパワーチャージ☆

《女子旅》 奥出雲の自然・人・風景に触れてパワーチャージ☆

最後に女子旅中のCOAKIさんの心を
ギュっとつかんだ奥出雲の風景編をご紹介します☆


○まずは待ち合わせ場所の八川駅。
こちらは、JR木次線のトロッコ列車奥出雲おろち号に出会える駅。

レトロな無人駅舎にホッコリします。

訪れたのは9月入ってすぐですが、
奥出雲にはすでに秋を感じる風景がチラホラ。
駅周辺を散策しながら、おろち号をまちます。
コスモスもすでに咲いていました。


そして、ようやく、奥出雲おろち号の登場!!
かわいいー、かっこいいー!

わずかな停車時間には、待っていたお兄さんが、
ホームから直接、トロッコそば弁当を売ってくれます。
これもなんだか、ほっこりする風景。

そして、お兄さんと一緒に、私たちも乗客の皆さんをお見送り☆
今度は、ぜひ乗ってみたい!


■JR木次線 奥出雲おろち号
・きっぷのお申込み・お問い合わせ/JRの主な駅のみどりの窓口、または旅行会社へ。
・列車の運行状況についてのお問い合わせ
JR木次鉄道部0854-42-5457(土・日・祝日を除く)
JR木次駅    0854-42-0127



○続いて、お気に入り2つ目は、
マイナスイオンたっぷりの癒しスポット「鬼の舌震

奥出雲の自然が満喫できる場所のひとつです。

実際訪れてみると、素晴らしく整備されており、
これで入場料を取らないのはなぜ?と思わされるぐらい。


緑いっぱいの森林浴をしながら、”恋”吊り橋に到着☆
斐伊川から吹き上げる心地よい風を感じて、何ともイイ感じ。癒されます。

今回は時間がなくて、吊り橋を渡っただけですが、
自然いっぱいの中を歩くのはとても気持ちがよかった☆
次はもう少し奥まで散策したいくらいです!

鬼の舌震
島根県仁多郡奥出雲町三成宇根
0854-54-2260
除雪を行ないませんので、積雪期は入場をお控えください。



○最後のお気に入り風景はなんといっても「棚田

どうしてもこの風景が見たくて訪れましたが本当に素晴らしい景観でした。

実は、途中近くまで来たのですが、道に迷ってしまい、
地元の奥様にお聞きしたところ
なんと、一緒に車に乗って案内してくださったり。
棚田を見渡せる見晴し台入り口のお宅の方にも奥様が話をして下さり、
車を停めさせてもらいました。




そのおじいさんは、棚田の歴史について沢山教えてくださり、
自分たちが住む土地に心の底から誇りを持っていらっしゃるように感じました。


歴史深い、この奥出雲の地は、魅力が一杯です。


そして何より、この旅で印象的だったのが、
奥出雲の方々のやさしさ、温かさです。
この人の「あたたかさ」が奥出雲の最後の魅力のように感じます。


最後にみんなでパチリ☆

前へ
一覧へ
次へ

コメント(0)

ニックネーム

6文字まで / 公開されます

メールアドレス

公開されません

メッセージ
顔マーク 顔マーク

好きな画像を1つお選びください。サイト上でご自身のマークとして表示されます

投稿キー
投稿キーを入力
上の数字と同じものを入力してください