勝手に奥出雲探求レポート

前へ
一覧へ
次へ

奥出雲美肌温泉郷~亀嵩温泉玉峰山荘

奥出雲美肌温泉郷~亀嵩温泉玉峰山荘

今回の奥出雲探求レポートは、奥出雲の四つの美肌温泉。

その第二弾は、亀嵩温泉「玉峰山荘」。

 

亀嵩温泉「玉峰山荘」を一枚の絵葉書に描写すると、

山の奥にある秘密の別荘。

広々とした別荘のロビーやレストランのガラス越しからは、奥出雲の神々のパワーを発する「湯野神社」の巨木が目に入ります。

 

 

 

 

 

                   

 

ガラス越しに見える湯野神社

 

亀嵩温泉「玉峰山荘」は、今年誕生15周年を迎えました。

 

「ここはかめだけ、うさぎはいない」というように、

地名の「亀嵩」から由来して、玉峰山荘の玄関に入ると、亀の「かめきちくん」と「たまちゃん」がお客さんを迎えてくれます。

 

 

亀嵩温泉の一番の魅力ポイントは、

      誰でも優雅でゆったりとした時間が過ごせること。

 

基本入浴料510円と、設備のわりには安く、広々とした内風呂、サウナ、露天風呂が楽しめる以外に、オプションで砂風呂、家族風呂などの趣のあるお風呂が楽しめます。

 

                        広々とした内風呂


  

 

昨年から団体客向けのミステリーツアーに参加しています。

ミステリーツアーとは、例えば大山を訪ねるツアーの参加者に宿泊先をミステリーにして教えない。そして想像もしていなかった豪華温泉の遭遇にびっくりさせられるわけであります。

  

二つのカラオケルームは、宴会のお客さんに大人気。

一時間1,540円で借りられます。

カラオケルームの前にアルコールの自販機もあるので、経費を抑えて2次会が楽しめます。

 

年に2回ディナーショーを開催しますが、有名人が出演するときはファンが追っかけて来て宿はいっぱいとなります。

ウェブサイトも充実しているので、個人のお客さんはホームページからの予約もOKです。ご予算に合わせて、三成のサイクリングターミナルと連携して、宿泊のお客さんの受け入れに対応しています。

 

広々とした和室の休憩室

 

温泉の受付の前にあるパワフルな展示物

 

 

 

 

 

 

 

亀嵩温泉「玉峰山荘」についてさらに詳しく知りたい方はこの人に!

支配人、眞田さん

 

 

昨年4月から支配人に就任しました。

眞田さんは、最近ブームになっているUIターンの大先輩です。

奥出雲の横田高校出身で、生粋の奥出雲人。

大阪の大型デパートで長い間お勤めをし、14年前に両親の介護をきっかけに故郷にUターンしたそうです。

まだ奥出雲にサービス業が本格的に進められていないときに、仕事のチャンスが与えられ、奥出雲の重要なポジションでトップとしての器量を思いっきり発揮することができました。

自称宴会部長。

今でも部下を振り切って「自分で、自分で」と前に出ているとか。

高校生のときはブラスバンドを、その後はスイングバンドの経験もあります。

典型的な「物静かでシャイな」日本人という雰囲気とはまったく縁のない、明るく楽しく、そして頼もしい支配人。

 

元奥出雲町の先生だったALTのGさんは、アメリカに帰国する前に、奥出雲町での一年を振り返り、次のようなことを言ってくれました。

 

「奥出雲町で自分を一番元気付けてくれたのは、

 毎日学校で出会う元気一杯の子どもたちの笑顔、

 そして、玉峰山荘のお風呂やサウナでした。」

 

皆さんも、お天気のいい日にドライブを兼ねて、映画「砂の器」の縁の地に温泉小旅行を計画してみるのはいかがですか。

・・・・・読み込み中です
前へ
一覧へ
次へ

コメント(0)

ニックネーム

6文字まで / 公開されます

メールアドレス

公開されません

メッセージ
顔マーク 顔マーク

好きな画像を1つお選びください。サイト上でご自身のマークとして表示されます

投稿キー
投稿キーを入力
上の数字と同じものを入力してください