仁多米の話
奥出雲たたらと刀剣館の地下構造

奥出雲たたらと刀剣館の地下構造

炭焼き

炭焼き

世界で唯一の「たたら製鉄」

「たたら製鉄」とは、粘土で築いた炉に砂鉄と木炭を交互に投入し、吹子で炉に風を送り込み、木炭を燃焼させ、砂鉄を製錬する(溶かす)ことによって鉄をつくりだす日本古来の製鉄法をいいます。
古墳時代に朝鮮半島から伝えられたとされる製鉄技術をもとに、湿気などを防ぐ地下構造や風を送る装置である「吹子(ふいご)」などに改良を重ね、江戸時代初期にほぼ完成をむかえました。

明治時代後半になると安い洋鉄の輸入や八幡製鉄所などの近代製鉄におされ、
大正末期をもって”たたらの炎”は一斉に消えてしまいました。

しかし、昭和52年(1977年)より財団法人日本美術刀剣保存会の努力により
奥出雲町で「日刀保たたら」として冬期間のみ操業を再開されました。
そして、全国の刀匠に刀剣材料としての「玉鋼」を供給しています。
なお、今日、その技術は国の選定保存技術に選定されています。

奥出雲町は今でもこの古来の製鉄技術を世界で唯一受け継ぐ町として、
古代よりのロマンを秘めたたたらの炎を燃やし続けています。

全国屈指の製鉄地帯であった「奥出雲」

江戸時代から明治時代にかけて、中国地方が製鉄地帯の中心地でした。
特にここ奥出雲地方は一大製鉄産地域として知られていました。
その理は、3つあります。

全国屈指の製鉄地帯であった「奥出雲」
鉄師絲原家の鉄穴炉山内(公財)絲原記念館所蔵

鉄師絲原家の鉄穴炉山内
(公財)絲原記念館所蔵

たたら製鉄でつくられる鉄とは・・・

たたら製鉄でつくられる鉄には、炉外に流れでる「鉄(ずく)/銑鉄(せんてつ)」と炉の中で成長する「鉧(けら)」と呼ばれる鉄の塊があります。この「鉧」からとれる良質な鋼を「玉鋼(たまはがね)」といいます。「銑」は、鋳物用や大鍛冶場というところで鍛錬(たんれん)(不純物や炭素量を下げる)され、錬鉄(れんてつ)として生活用具等の原材料に、「鋼(はがね)」は刀剣や包丁などの刃先として使われていました。

とくに、「玉鋼」は日本刀の原材料であることがよく知られています。
この「玉鋼」を鍛えあげることによって美しい日本刀の地鉄、刀紋と呼ばれる独特の紋様が現れます。
このような美しい姿をみせる美術刀剣の材料は、今日の近代製鉄の技術をもってしても、つくりだすことはできません。

鉄穴流し跡地に拓かれた追谷集落の棚田景観

鉄穴流し跡地に拓かれた追谷集落の棚田景観

先人からの贈り物「たたらの原風景」

“たたら”という産業は、単に鉄を造り出しただけではありません。たたら製鉄の原料となる砂鉄は、山を切り崩し水路に流すという「鉄穴流し(かんなながし)」という方法で採取していました。この跡地を広大な棚田に生まれ変らせ、再利用しました。また、燃料となる木炭は、中国山地の山々の恵みを約30年周期で輪伐して管理してきました。先人たちが自然と共生し、自然循環というシステムを構築して形成されたのが、奥出雲町の景観です。この素晴らしさが認められ、中国地方で初めて「奥出雲たたら製鉄及び棚田の文化的景観」として”国重要文化的景観”に選定されました。

行ってみよう、深めよう“奥出雲のたたら”

(公財)絲原記念館

(公財)絲原記念館

白壁土蔵づくりの趣のある記念館には、松江藩鉄師絲原家が歴代に渡って伝承してきた美術工芸品やたたら製鉄資料などを展示しています。

  • 仁多郡奥出雲町大谷856
  • 0854-52-0151
詳細

(公財)可部屋集成館

昼夜の温度差が旨味を育てる

松江藩の鉄師を務めていた櫻井家に長年累代にわたり伝えられてきたものを集成した歴史資料館です。

  • 島根県仁多郡奥出雲町上阿井1655
  • 0854-56-0800
詳細

奥出雲たたらと刀剣館

地元和牛の完熟堆肥で栽培

日本で唯一、奥出雲の地で操業を続ける「日刀保たたら」の様子を映像資料、実物展示で紹介しています。

  • 仁多郡奥出雲町横田1380-1
  • 0854-52-2770
詳細

羽内谷鉄穴流し(はないだにかんなながし)

羽内谷鉄穴流し(はないだにかんなながし)

「鉄穴流し」とは、効率よく砂鉄を採取する方法です。

  • 仁多郡奥出雲町竹崎
  • 0854-52-2680
詳細

たたら角炉伝承館

たたら角炉伝承館

角炉とは「たたら製鉄」が、近代洋式製鉄法に経済性で対抗できず衰退していった明治期、たたらに洋式を取り入れて築造された炉のことです。

  • 仁多郡奥出雲町上阿井
  • 0854-52-2680
詳細

勝手に奥出雲探求レポート