ヤマタノオロチ退治の話
船通山山頂で行われる宣揚祭

船通山山頂で行われる宣揚祭

奥出雲マスコットキャラクター<br>いなたひめちゃん・すさのおくん

奥出雲マスコットキャラクター
いなたひめちゃん・すさのおくん

出雲神話ヤマタノオロチ伝説とは?

スサノオは、高天原から追放され、出雲国の斐伊川の鳥上の地に降り立ちました。

その時、斐伊川の上流から箸が流れてきたといいます。
「上流に人がいる」と思いスサノオが行ってみると、老夫婦が若い娘を挟んで三人で泣いていました。
老夫婦の名は、アシナヅチとテナヅチ、その娘の名はイナタヒメ(クシナダヒメ)といいました。

泣いている理由を尋ねると、老夫婦の娘7人が、毎年、ヤマタノオロチに食べられており、今年もその時期がやって来るというのです。老夫婦曰く、ヤマタノオロチは、ホオズキのような赤い眼に、1つの体に頭が8つ、尾が8つあるといいます。しかも、体には苔とヒノキが生えており、そして、8つの山を越え渡るほどの長さをし、腹はいつでも血にただれているのだそうです。
スサノオはヤマタノオロチを退治する事を条件に、イナタヒメを妻とすることを約束しました。

スサノオはイナタヒメを櫛に変え、髪に挿し、アシナヅチ、テナヅチには、強い酒を用意するよう指示をしました。しばらくすると、ヤマタノオロチがやってきて、8つの頭をそれぞれの酒樽に入れ飲み始め、酔っ払って寝てしまいました。そのすきに、スサノオは剣でヤマタノオロチを切り刻んだのです。
ヤマタノオロチの尾は切ると、剣の刃先が欠けてしまいました。そこで、切り裂いてみると、中からなんと、天叢雲剣(草薙剣)が出てきました。これは不思議な剣だと感じたスサノオは、姉のアマテラスに献上しました。

ヤマタノオロチを退治したスサノオはイナタヒメと結婚し、須賀(現在の雲南市)に宮(新居)築きました。宮から雲が立ち上がるのを見て、スサノオは「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を」という歌を詠んだといわれています。そして、アシナヅチを呼び寄せ、首長にしました。

船通山山頂で行われる宣揚祭

ヤマタノオロチ伝説にまつわる奥出雲の郷土芸能

奥出雲町は『八岐大蛇退治』の舞台となった地で、古くは古事記、
日本書紀にも記され、素戔鳴尊(スサノオノミコト)が降臨したと伝えられています。
奥出雲町は新町発足を契機に、この神話の舞台の地に新しい郷土芸能を創作したいと取り組み、
平成19年に上三所地区の有志を中心とし『奥出雲神代神楽社中』を設立しました。
現在、町内外問わず、数多くのイベントで神楽を披露しています。

詳細

行ってみよう、深めよう“ヤマタノオロチ伝説にまつわる奥出雲の地”

長者屋敷

長者屋敷

アシナヅチとテナヅチが住んでいたと伝えられる

詳細

八重垣神社跡

八重垣神社跡

ヤマタノオロチを退治したスサノオとイナタヒメが結ばれた地

詳細

元結い掛けの松

元結い掛けの松

髪を結んでいた元結いを掛けたと伝えられる

詳細

鏡ヶ池

鏡ヶ池

イメタヒメが髪を梳く鏡として使用。また、ヤマタノオロチ退治の舞台となったと伝えられる

詳細

産湯の池

産湯の池

イナタヒメが誕生したときに産湯に使ったと伝えられる

詳細

稲田神社

稲田神社

イナタヒメを奉る神社

詳細

笹宮

笹宮

臍の緒を切るときに使われたと伝えられる

詳細

船通山

船通山

『古事記』では鳥髪の峯として登場する神話の霊峰

詳細

鬼神神社の岩船とご陵墓

鬼神神社の岩船とご陵墓

鳥居の横にある岩はスサノオが乗ってきた船が岩化したものとも伝えられる

詳細

勝手に奥出雲探求レポート