勝手に奥出雲探求レポート

前へ
一覧へ
次へ

三成えびす祭り

三成えびす祭り

こんにちは。

奥出雲ごこち事務局い~ちゃんです。

第2回短歌で詠む「恋いうた」では約2か月間、日本全国から短歌を募集しました。          お陰様をもちまして3,306首が集まり、7月7日(日)に無事に優秀作品10首が決定いたしました。そして、この優秀作品10首を行燈に記し、皆さんにお披露目する日がやってきました。

ということで・・・

夕方5時頃、三成本町通りが何やら騒がしくなってきました♪交通規制がかかり、本町通り沿いに住む皆さんがえびす祭りの準備を始めましたよ。出雲弁が飛び交います。

「奥出雲ごこち」で募集し、選出した優秀作品10首に加え、町内の小中学生の優秀作品を行燈に記しました。なので、もの凄い数の行燈\(◎o◎)/!これが、全部手作りなのだから驚き!!

行燈に和紙を張り付ける作業はコツが必要。しわにならないように&和紙が破けないように貼っていくのが大変です。和紙を貼ったら、次はいよいよ短歌を行燈に書いていきます。

い~ちゃんなら「失敗してはいけない」というプレッシャーに襲われ、手が震えてしまいそうなのですが、行燈にはどれも達筆な字が書かれています。

さて、行燈を設置し終えると「火を付けていっていいけんね~」とGOの合図が出ました。では、ろうそくに火をつけて行きます。次第に屋台も調理を始め、いい匂いが漂ってきます。「これはきっと焼きそばの匂い・・・♡」。

次は、第1選考を突破した短歌のセッティングに向かいます。展示場は本町通りに住む方の車庫。(車庫を貸して下さり、ありがとうございます。)地元の工務店さんに協力をしてもらい、短歌をロール紙に印刷しました。展示パネルは公民館からわっしょいわっしょいと運び、組み立て。センスのないい~ちゃんですが、自分の美的感覚を信じ、看板を作りました。

暗くなってきました!行燈の幻想的な風景をご覧ください。

グランプリ

三成本町通り商店会賞           奥出雲ごこち賞

たくさん方々からご応募頂き、えびす祭りはいいお祭りになりました(^^♪

ミッションコンプリート…ご応募頂いた皆様の短歌と地元手作りの行燈が7月20日えびす祭りを素敵に彩りました(^O^)8月25日愛宕祭りも乞ご期待!!

前へ
一覧へ
次へ

コメント(0)

ニックネーム

6文字まで / 公開されます

メールアドレス

公開されません

メッセージ
顔マーク 顔マーク

好きな画像を1つお選びください。サイト上でご自身のマークとして表示されます

投稿キー
投稿キーを入力
上の数字と同じものを入力してください