勝手に奥出雲探求レポート

前へ
一覧へ
次へ

(有)松葉屋さんの「焼どら」と「噂の生どら」~その1~

(有)松葉屋さんの「焼どら」と「噂の生どら」~その1~

2013年1月19日・20日に広島県で行われた島根ふるさとフェアにごこち事務局い~ちゃんも行ってきました。

奥出雲町のはっぴを着て、奥出雲町をPR!

そんな観光PRをしつつ、ふと前方を見ると・・・怪しげな『プリン星人』が看板を持って立っていました。

カメラを向けると、さっそうとポーズを決め、こちらを見ている。

プリン星人』が売っているのは、‘噂の生どら’&‘焼どら’。

しまねふるさとフェアではこのどら焼きを求め、お客さんがわんさかわんさか。買ってその場で食べているお客さんも「美味しい」と言いながらほおばっている。

い~ちゃんは、観光PRをしなければならないわけだが、「ダメだ・・食べたくなってきた」

そんな訳で、後日、㈲松葉屋さんにお邪魔させていただき、

ずうずうしくも‘噂の生どら’と‘焼どら’の製造過程を見学させてもらいました。

  

それでは、実況開始!

よ~いドン!

まずは生地をやきます。                       

生地を焼くと、こんなにもふんわりします。

この時点で、すでに美味しそう♡

いつもは冷蔵庫で保存されている「噂の生どら」。

出来立てアツアツ生地に興味津々。しかし、

綺麗に並んでいる生地を取ったらバレるだろうなぁ~。

生クリームが溶けないようにこのマシーンで冷やします。

温度は5℃。

ここでぽてっと見事にひっくり返る。

完成までもう少し、ここが折り返し地点だ!

取材を続けていると、神様の声が聞こえてきました。

「出来立てたべてみなさい」

やりました(^_^)v

実況は中断して、念願のアツアツ生地試食。

アツアツだとより一層ふわふわです。

珈琲クリームが搾り出されます。

見て下さい。

このクリームの量\(^o^)/

掃除機のようなマシーンに吸われ、合体です。

丁寧にラッピングされ・・・

ゴ~ル!

完成です!

 

最後に『プリン星人』について恐る恐る聞いてみる。

「誰ですか?この怪しい方は?」

「うちの会長です」

オ~マイガットとはこのことですね!?

大変失礼しました。

奥出雲讃菓 松葉屋

住所:島根県仁多郡奥出雲町下横田128-25

TEL:0854-52-2131

営業時間:9:00~18:30

詳しくはコチラをクリック:http://www.okuizumosanka.jp/

 

 


 

 

前へ
一覧へ
次へ

コメント(0)

ニックネーム

6文字まで / 公開されます

メールアドレス

公開されません

メッセージ
顔マーク 顔マーク

好きな画像を1つお選びください。サイト上でご自身のマークとして表示されます

投稿キー
投稿キーを入力
上の数字と同じものを入力してください