勝手に奥出雲探求レポート

前へ
一覧へ
次へ

短歌で詠む「恋いうた」 行燈づくりレポート

短歌で詠む「恋いうた」 行燈づくりレポート

7月12日(火)の夕方、
先日、選考した「短歌で詠む 恋いうた」の入選作品10点と、
町内の短歌会、小・中学生から応募のあった作品と合わせ、
全50点を、行燈に仕上げる作業を行いました!

2名1組となり、1人が木枠に糊を塗り、もう1人が和紙を貼っていきます。
1枚の長ーい和紙を貼りつけるのですが、なかなか難しいです・・・^^;

ベテランのお姉さん(地元の商店街の皆さんがそう呼ばれてました^^)は手慣れていて、
丁寧に教えて頂きながら作業するのですが、コレがまた、なかなか上手に貼れないのです。。。

「若い人は呑み込みが早い!」とおだて(?)られながら、
黙々と作業を続けようやくコツを覚えたところで作業も終了~。

1組10個の行燈を作るのですが、徐々に最後の方は上手にできるようになったみたい!

 

和紙を巻き付けた後は、霧吹きをして、紙をピンと張って土台は完成!

その後、地元の書道倶楽部の皆さんが短歌を直接、書き入れてくださいました。
本番用紙に直接書くので失敗は許されません!!! 見守る方もドキドキ@@

さすが、皆さん!
今回が 2度目とあり、慣れてらっしゃいます。

 

 

無事に完成した行燈は、早速7月20日(金)の恵比須祭りでお披露目!

ロウソクに火と灯し、商店街の通りを綺麗に彩りました~♪

この日は、商店街に色んな美味しい食べ物の屋台が出て
町の子どもたちも大はしゃぎ。

 

事務局スタッフも、隠岐の岩がきを堪能しちゃいました^^

そうそう、今回このお祭りに、三成本通り商店会賞を受賞した方が、兵庫県から遊びに来てくださったんです!

遠方からのお越しに私たち事務局も、三成町商店街の皆さんも大興奮!!!
奥出雲は初めてだったようですが、「いいところですねー」と喜んでくださってました。
ありがとうございました!

 

今回作成した行燈は、お盆の期間中と、8月24日(金)・25日(日)の愛宕祭りの際でも
飾られますよー。

是非みなさん、奥出雲に遊びに来てくださいね~♪

 

前へ
一覧へ
次へ

コメント(0)

ニックネーム

6文字まで / 公開されます

メールアドレス

公開されません

メッセージ
顔マーク 顔マーク

好きな画像を1つお選びください。サイト上でご自身のマークとして表示されます

投稿キー
投稿キーを入力
上の数字と同じものを入力してください