奥出雲観光スポット

前へ
一覧へ
次へ
奥出雲舞茸

☆奥出雲舞茸

健康食品として効能が科学的に解明されつつあるきのこ類。中でも「きのこの女王」といわれる「舞茸」は、食感、旨み、食べやすさなど人気急上昇中です。

奥出雲舞茸は、地元産広葉樹使用と自然環境にこだわった栽培をしています。

舞茸ができるまで・・・

培地・・・奥出雲町の厳選されたオガコと植物由来の栄養源、延命水をブレンドし培地を作ります。

 

接種・・・舞茸の種菌を接種します。

培養・・・23℃で60日間かけ、じっくりと培養することで、舞茸菌が培地全体に広がります。

発生・・・菌が全体に広がると、舞茸が発生します。



収穫・・・こだわりをもって育てた舞茸は接種から約75日で収穫期を迎えます。味も香りも抜群です!!

 

 

舞茸は施設内で育成しますが、栽培環境をできる限り自然界の発生条件に合わせているため、一般の舞茸と違う、ふくよかな香りとここちよい
歯ごたえが特徴です。

奥出雲舞茸はクキもおいしく食べられます。

 

湿度や温度を管理しながら、澄んだ空気や周辺の山々から湧き出る清浄な水と、標高の高さからくる気圧の加減などの自然特性を活かし、じっくりとゆっくりと、無農薬栽培で育てています。

 

 

【新鮮な舞茸の見分け方】

見た目がパリパリとしっかりしてみえて、クキの部分が真っ白なものが新鮮です。

 

 

【舞茸の保存方法】

生の舞茸は通気性のある紙袋や新聞紙などに包んで冷蔵庫で保存します。キノコの水分で紙などがぬれた場合はこまめに取り替えてください。

 

 

【そのまま調理】

舞茸の有効成分[マイタケD‐フラクション]は水溶性。

長時間水につけるとせっかくの栄養素が溶け出してしまいます。

 

 

◆お問合せ先:奥出雲舞茸

住所 島根県仁多郡奥出雲町八川899-1
連絡先 0854-52-0017
 
前へ
一覧へ
次へ