勝手に奥出雲探求レポート

前へ
一覧へ
次へ

春の船通山 パトロール登山

春の船通山 パトロール登山

こんにちは!
奥出雲ごこち事務局ちーやんです。

今回の奥出雲!勝手に探求レポートは
ヤマタノオロチ神話に登場する「船通山」のパトロール登山のレポートです。

今年の冬は例年にない大雪でした。
普段なら4月29日に開催されるカタクリ登山の準備にあわせてパトロールを行うのですが、今回は、大雪の被害の状況や倒木の処理にあわせて山頂まで登りました。

4月16日朝9:00、麓の斐乃上温泉前に集合です。
横田山の会の皆さんと待ち合わせ、今日の登山ルートと作業の打合せをします。

事前に登山された話では、2つあるルートのうち、『亀石コース』は残雪が多く、下見が出来ていないとのことでした。
このため、亀石コースは山頂から下山する祭に回ることにして、『滝コース』から登山することにしました。

【登山開始】
滝コース登山口まで来るまで移動!
そこで、機材をかつぎ登山開始です!
入山すると早速、倒木発見!!チェンソーの出番です。「ブーン!ブーン!」
枝を落とし、幹を切って道を開けます。
これから先にも大きな倒木があるとのこと、ちょっと心配です・・・

倒木の処理を済ませ沢づたいに先を急ぎます。

その途中、一般の登山の方に合いました。
兵庫県からいらっしゃったグループで、5月中旬に団体で登山するための下見登山とか。
やっぱり人気がありますね!

しばらく歩くと、沢に掛けられた橋が崩れているの発見!
丸太の橋が、古くなっている様子です。
ちょっと修繕が必要ですね・・・

 

今日のところは、沢を渡って進みます。

沢は、雪解け水が流れ、滑りやすくなっています。
ゆっくり足場を確認して進みます。

 

【船通山スポット 鳥上滝】
いよいよ中腹の鳥上滝に到着です。
この、鳥上滝は、ヤマタノオロチが住んでいたと云われる滝で、登山コースの名前にもなっています。
滝には、今は枯れていますが、大きなケヤキが根付いていました。その株が今も残っています。
雪解け水で水量が多いので、高さ16mの迫力ある滝を期待して、近づくと唖然!!

大きなミズナラの木が、滝つぼに倒れています。
『ワー!』
やっぱり、大雪の爪あとはすごいですね・・・
直径1m近くの巨木を倒すほどの力があるんですね・・・
これはちょっと手強いので、別に部隊を組んで処理することにします。

そして、滝の上の階段をのぼり先に進みます。
この階段を登ると、一段と残雪が増えてきます。
これから先が大変そうです。

倒木を幾つか発見!
でも、雪に覆われているため、処理することが出来ません。
これは、雪が融けてからの処理ですね・・・

そこれから数百メートル進んだところで、今回、一番の問題を発見!
登山道に覆いかぶさるように、根っこからひっくり返った倒木です。

これはちょっと危険ですね。
通ることは出来るにしても、何時ひっくり返るか判りません・・・
これは山のプロにお願いするしか無いようです。
状況を見るだけにして、先に進みます。

そして滝コースの難所に向かいます。
ここは、急な登りが続くところですが、雪のためルートを確認するのが出来ません。

そこは横田山の会の皆さん、ルートはシッカリと把握されています。
「この状態だと、ルートを知らない人は、迷ってしまいそうだね」
普段なら、登山道が見えるのでそれを頼りに登れますが、
雪に埋もれている状態なので、人が歩いた跡が便りです。
ここは、ちょっと気をつけないといけませんね・・・

8合目辺りからは、倒木が増えてきました。
登山道に掛かる倒れた木々を処理しながら進みます。
必要以上の伐採はせず、元に戻りそうな木はそのままにしておきます。
なるべく、自然のままにしておきます。

作業を続けながら2時間弱いよいよ、山頂が見えてきました!
山頂には、雪は無く芝生が見えています。


ここは、毎年カタクリが咲き、登山をする人たちを楽しませてくれる場所なのですが、
今年はまだまだです。
例年より、1週間から10日ほど遅れている様子で、芽を出しているのは1つ2つ程度です。

今年のカタクリの見ごろは、ゴールデンウィーク後半になりようですね。
でも、一斉に芽を出して咲き揃いそうで、山頂一面のカタクリの花が楽しめそうです。

このカタクリを守るために、芽が出る範囲に杭をたてロープ張りの作業を行いました。

ここでようやくお昼の休憩です。
山頂の山小屋でしばしの休憩です。

山頂からは遠くの「大山」「宍道湖」、神話に登場する山々のパノラマを見ることが出来ます。
また、ヤマタノオロチを退治した祭に出てきた「天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)」出顕の地として石碑が建てられています。

 

さて、お弁当を食べた後は、いよいよ懸案の『亀石コース』へ向かいます。

このコースは北側の斜面にあるため、かなりの残雪が予想されます。
山頂付近から亀石コースへ向かう別れ道で、別の登山グループに会いました。

「こんにちは!」お互い挨拶を交わすと
「ここから先は、雪が多くてルートが判らないから引き返してきました!」

『エ!』そんなにすごいの!っと私は思いましたが、
山の会の皆さんは、やっぱりね!って感じです・・・
さすがです。

「この残雪の様子では、一般の人は迷子になるだろうね!」
「おそらく、ルートが雪で確認できないのだろうね!」
『エ~!そんなところをこれから歩くんですか??』
「そうだよ!」若干恐怖を感じたりして・・・

でも、パトロール登山なので行かないわけには行きません。
覚悟を決めて、いざ亀石コースへ・・・

「ワー!雪が凄いですね・・・」
「でもね、こんな時しか行けないところがあるんだよ!
この先に大きなブナの木があって、雪がある時期しか近づけないだよ」

「へー、これは行ってみないと!」

この時ばかりと、大きなブナの木へ向かいます。
「ワー!大きいですね!!」
「船通山のブナの中でも、なかなかこんなに大きな木は無いよ!」

雪があるため、意外にも楽に近づくことができました。
普段はブッシュが凄くて、近づけないのです。
ちょっとラッキーでした。

さて、亀石コースに戻ります。
早速、倒木発見!みんなで処理して、先に進みます。
すると、「エ!」

「雪で登山道が見えない!それに足場も無い状態ですね!」

雪の無い季節は、なだらかな登山道が続く亀石コースですが、
この季節は、雪山登山の経験がある方でないと進めない状態になっています。

「一般の方には、この季節はおすすめできないですね!」
「そうだね、登山口に看板を出したほうが良いかもね!」

亀石コースの4月16日の様子は、写真のような状態です。
残雪により登山は困難です。
雪が融けてなくならないと安全に登ることが出来ませんので『滝コース』をお勧めします。

横手の登山道をクリアして、ようやく谷へと降りていきます。
ここも残雪が多い状態です。
沢の上にかぶさった雪の下は穴が開いているので、なるべく、沢から離れたところを進みます。

そして、倒木の処理をしながら下山して行きます。
さすがに北側の斜面のため、登山口まで残雪があります。

ようやく下山したのは午後4時を過ぎた頃でした。

経験豊富な横田山の会の皆さんのお陰で登山道のパトロールが出来ました。 

これからの季節、船通山は新緑の季節を向かえ、様々な花や生き物達に触れることができます。

また、毎年7月28日には、お隣の日南町さんと協同で神話の縁の地として行われる「宣揚祭」や、自然観察会、紅葉シーズンでは気軽に楽しめるトレッキングコースとしても人気で、多くの方で賑わいます。


【カタクリ登山情報】

開催日:4月29日(金)
催し:カタクリの話(紙芝居)11:00より
場所:船通山 山頂
見ごろ:ゴールデンウィーク後半(予想)
※登山はそれぞれ各自でお登りください。

登山弁当とお問合せ:斐乃上温泉 斐乃上荘
電話:0854-52-0234

【登山情報】
〇滝コース:鳥上滝のあるコースで、急な道が続くルートです。
〇亀石コース:一部急な道があるものの、山頂までは山腹を横切るため比較的楽に登れるルートです。ただし、積雪がある時期は雪に対する装備が必要です。

お問合せ先:奥出雲観光協会
電話:0854-54-2260

※注意事項
【現在の状況】
残雪のため、雪山登山の経験の無い方は、『滝コース』へお回りください。

・・・・・読み込み中です
前へ
一覧へ
次へ

コメント(10)

ニックネーム

6文字まで / 公開されます

メールアドレス

公開されません

メッセージ
顔マーク 顔マーク

好きな画像を1つお選びください。サイト上でご自身のマークとして表示されます

投稿キー
投稿キーを入力
上の数字と同じものを入力してください

saiyan   2011-05-07 19:02:26

みのりさんへ 犬は野生の性格の犬ならOKでしょう。座敷で飼っていて過保護な犬なら駄目かも? 子供さんなら「幼稚園」くらいの幼児でもOKと思いますよ。 出雲の遙堪幼稚園児は毎年出会いますよ。 滝コースは渡渉(沢の川を渡ること)には十分注意しましょう。 雪解けの水で増水しているのと、滑りやすいので脚元十分注意ですよ。 明日(8日)はカタクリの満開が楽しめそうかな?

ちーやん   2011-05-02 22:15:11

みのりさん 先日29日には、かわいいワンコを連れて登山されている方がいらっしゃいましたよ! 中型犬でしたが、ご主人さんと一生懸命、歩いていましたよ! お子さんの方は、小学生なら登れますよ! 中には、お父さんの背中に助けられ3歳のお子さんがいらっしゃいましたよ! ここで、5月2日の船通山登山情報です!★滝コースは雪解けの影響で鳥上滝より上の登山道に一部ぬかるんで滑りやすいところがあります。★亀石コースは残雪がまだまだあります。滑落・雪崩の危険性があります。★カタクリ情報!山頂よりやや下で、ようやく咲き始めた頃です。山頂はこれから連休最終から第二週の週末が見ごろとなりそうです。

みのり   2011-05-02 13:11:29

質問ですがだれか教えてください 船通山犬と共に上ることは可能ですか? 子供は何歳くらいから上れそうですか?

ちーやん   2011-04-29 21:39:01

saiyanさん 昨日、登られたのですね!私は、今日、山頂まで行ってきました!確かに、カタクリはまだまだの様子でしたね!でも29日は天候もよく沢山の方で山頂は大賑わいでしたよ!中には、焼肉している人もいました(でも、コンロの火が芝生に移って大慌てでしたけど・・・)延べで500人は登山されたのではと思います!人気の山ですね!!下山後は、麓の斐乃上温泉で汗を流して帰りました。

saiyan   2011-04-29 07:49:14

2011-4-28 AM10:30~PM14:00 サークル(控えめなグループ名)9名で定例登山。今冬の豪雪の影響を考えればカタクリの花は諦めてのの登山です。滝コース下部は意外にも残雪は少ない。しかし沢の水は雪解け増水、数回の渡渉地点は登山靴の「かかと付近」までの水。靴も滑りやすくストック必携!!!倒木も多かった様子であるが、地元の皆様の努力で整理されていて大助かりでした。亀石コース合流点付近で蕾のまま「寒さで震えているような」カタクリの蕾が数本。我々のサークル貸切の頂上で風除けの「ターフ」を設置していざ昼食!!!ところが突然の強風と『吹雪』に見舞われ急ぎ退却。下山途中中年の女性2人「スニーカーにビニール雨具」その後に少し若い2人組、同じようなスタイル。よくぞここまで登って来られたな!!!女性の度胸良さと頑張りに『尊敬の念』を感じた。 滝コースは大変登るのが大変でいぞ!!!!!

ちーやん   2011-04-25 12:12:34

皆さん、ご覧いただきありがとうございます。4月23日には、倒木の処理を行いました。4月25日現在は、やはり残雪があり、特に『亀石コース』は足場が無いうえ、雪崩の危険性がありますね・・・横田山の会の皆さんの情報では、カタクリは少しづつ大きくなっているようですが、連休後半から第二土日あたりが見ごろではないかと話していらっしゃいました。

おーしまのひろちゃん   2011-04-23 22:42:01

写真でいっぱい雪の風景にたまげたんよ。今年もカタクリの花がたのしみです。パトロールの皆さんに感謝します。

まさ   2011-04-23 21:35:08

ちーやん・横田山の会の皆さん 雪の中のパトロールお疲れさんでした 4/23の山はいかがでしたか 連休後半には 山頂でカタクリの花に会いたいものです 今年も楽しみにしています

ちーやん   2011-04-19 16:27:40

とりピーさんご覧いただきありがとうございました(_ _) 船通山はまだまだ残雪たっぷりです! でもカタクリが咲く山頂は雪がないので、ゴールデンウィーク後半には咲きそろうではないかな?って予想しています。 今年は、何時もになく一斉に咲くと思います。山頂がカタクリでいっぱいになりますよ!!

とりピー   2011-04-19 14:49:39

ちーやん、山の会の皆さん~お疲れ様でした。 雪がたくさん残っているのにビックリしました。 カタクリの花はいつ頃咲くのかな?