勝手に奥出雲探求レポート

前へ
一覧へ
次へ

ココロとキモチとおなかがほっこり女子鍋【後編】

ココロとキモチとおなかがほっこり女子鍋【後編】

みなさん、こんにちは!奥出雲ごこち事務局 みなリンです☆*′∀`)ノ

奥出雲に雪が舞い降りました。
空からの贈り物。真っ白な雪が降った翌日、おだやかな風がやさしく頬をなで、空気は澄んで甘く、きらきらとまぶしい銀世界が奥出雲に広がりました。

奥出雲町は多いときで60センチ程度の雪が積もります。
町内にスキー場もあるんですよ

三野原スキー場の詳しい情報はこちらhttp://www.town.okuizumo.shimane.jp/miinohara/

厳しい冬の中で人々は春の訪れを願います。
厳しい冬があるからこそ
春の芽吹きへの喜びも大きくなるのかもしれませんね(´∇`●)

そんなことを思いながら、はらはらと舞い落ちる雪を見ていたら、
人の心の中も同じかな・・・とふっと思いました。

人も苦しみや喜びを秘めて生きています。明るい希望に満ちた光がようやく差し込んだ時、苦しみを秘めているからこそ、喜びも大きくなるのかもしれませんね。


・・・と年末に向けて、なんとなく気持ちを整理したところで、
本題に・・・・

今回はココロとキモチとおなかがほっこりする女子鍋の続きを紹介します。


夜はふけていき、恋愛話が止まらないわたしたち。
しかし、ちょっとそれは保留にしておいて、

「お勧めする奥出雲の美味しい一品」を紹介し合いました。

まずは・・・
これ!横田酪農牛乳。


成分無調整のこの牛乳は濃厚にしてとっても甘い(・∀・)
幼いころからこの牛乳しか飲んだことがなかったので故郷を離れ、都会暮らしをするようになってビックリしました( `Д´; )
「この牛乳・・・水で薄めてあるのかな」
と思うほど、スーパーで買った牛乳はどれも物足りない味でした。・・・後になって、横田牛乳だけが特別「濃厚」だったということに気づきました。
ちなみに私(みなリン)はこの牛乳を幼い時から飲み続け、気付けば小学校6年生の時にはすでに160センチになっていました。
牛乳を飲めば→背が伸びる。特に横田牛乳は効果抜群でした!!

ふわっと口に広がる甘みはどこか懐かしく、愛おしい味です。

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*
横田酪農牛乳の購入先
奥出雲町内のスーパー、Aコープなど
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

そして、次のお勧めの一品は


「しいたけ醤油」
しいたけエキスを使って作ったこの醤油は
豆腐にかけてよし、炒め物に使ってもよし・・・

けれども、一番のお勧めは「卵かけご飯」です。
炊きたての仁多米に宇田川養鶏さんの卵にさっと「しいたけ醤油」をかけて、いただく。
実はこの卵かけご飯は映画「砂の器」や「私は貝になりたい」で有名な
あの福沢監督絶賛の食べ方なんです。全国をめぐってロケをしておられる監督をもうならすシンプルにして究極の「ほんものご飯」です。
小瓶は320円とお買い得。お土産にも最適です(●´∀`)
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*
しいたけ醤油の購入先
玉峰山荘
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

次にこの「湯葉」が絶品なんです。


前編で紹介した石田豆腐屋さんの商品です。
食べ方はいろいろですが、私はわさびをちょっと乗せて、しいたけ醤油をかけて頂きます。

お酒のお共に・・・週末のささやかな贅沢です。
それから、お蕎麦にのせて「湯葉蕎麦」・・・これ本当にお勧めです。奥出雲にあるそば処「一風庵」で「湯葉蕎麦」を食べて以来、家でも蕎麦を作る時はいつも「湯葉蕎麦」にして食べています。
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*
「湯葉」の購入先
石田食品(0854-52-0174)、仁多特産市
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

さらに私のお勧め
クリーム大福!

田村屋さんのこのクリーム大福は食べる人をとりこにする品です。トロッコ列車の中で食べて、感動しました。

今の季節なら、こたつに入りながら・・・・
あ~想像しただけで・・・よだれが・・。
今日、買って帰ろう☆(o′∇`)_/゚・:*
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*
クリーム大福の購入先
御菓子司「田村屋」
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

そして、噂の生どらで有名な松葉屋さんからついに出た「奥出雲ロール」


奥出雲の食材を使って作った老舗和菓子屋さんの作るロールケーキの中にはクリームと一緒に自家製つぶあんが入っていました。


さきほど紹介した横田牛乳と宇田川養鶏さんの「平地飼有精卵」を使い、
手間を惜しまず、仕上げたこのロールケーキは「ごまかさない」「とりつくろわない」「本物の味」です。



ただし、・・・切るときには集中してお切りください(´・ω・`*)
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*
奥出雲ロールの購入先
奥出雲讃菓「松葉屋」
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*
そして、私のお勧め


「トマトのコンフィチュール」
有限会社エヌ・イー・ワークスのトマトコンフィチュールは田園倶楽部奥出雲のフルーツトマトを使用して原材料はトマト、グラニュー糖、日本酒、レモン果汁のみで仕上げた安心が見える、おいしさが見える一品です。パンはもちろんヨーグルト、アイスにまぜてもgood!
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*
トマトのコンフィチュールの購入先
(有)エヌ・イーワークス奥出雲ショップ
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

次に
「こうぼのぱんや“きゅう”」のレーズンパン


国産の小麦と自家製天然酵母で作られた一つ一つ手作りのパン。
最近はふんわり柔らかいパンが主流ですよね。小学生のころアルプスの少女ハイジに出てくる「白パン」は憧れでした。大学生の時、パン屋さんに「ハイジの白パン」という名のパンが売っているのを見て小躍りして喜んだことを今でも覚えています。それから、ハクション大魔王の「ハンバーグ」も永遠の憧れです・・・おっと話が脱線。

けど、このパンは「堅い」んです。
今まで食べたどんなパンより味わい深い。自家製天然酵母で発酵させて焼き上げたパン。酵母にこだわり、小麦にこだわり、そしてできたこの味わいは「噛む」のではなく「噛みしめる」という言葉がぴったりのパンです。

ルバームジャムやトマトのコンフィチュールを付けて頂きました。ルバームジャムは奥出雲産のルパーム、砂糖、レモン果汁で仕上げた奥出雲グリーンファーム佐藤さんの有機栽培の特製ジャムです。

それから、このパンを使った「ピコピコバーガー」は絶品中の絶品。少し前にテレビで「絶品チーズバーガー」話題なったけど、ピコピコのバーガーこそ「絶品」という名にふさわしい逸品です。

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*
こうぼのぱんや“きゅう"の購入先
仁多特産市玉峰山荘 など
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

そして、私のお勧めは


中村ファームさんの「奥出雲おろちとうがらし」奥出雲産100%のとうがらしです。食べるとキモチとカラダがイキイキしますよ。中村ファームさんの商品は体にもよく、安心な一品。

七福神はプレゼントにも最適です。私が試した食べ方を紹介しますね(´∀`)
七味はピザに
たこ焼き七味はチジミに
藻塩はポトフに
柚子はおでんに
山椒はちらし寿司に
おろち大根は秋刀魚に
しょうがはお粥に

いつもの料理に幅がでます。
人と人の心をつなぐ。食の会話がはずみます。
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*
とうがらしなど商品の購入先は
おろち神話の里 奥出雲 中村ファーム
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

最後にみんなでアイスを食べました。


このアイスはなんと野菜アイス!なんです。
奥出雲グリーンファームさとう」さんが丹精込めて育てた有機野菜をたっぷり使った「やさいアイス」です。ケール、大麦若葉、ルバーブ、シモン茶、トウガラシ、芋焼酎を入れ、アイスクリームに仕上げてあります。野菜の香りと栄養を生かしつつ、とっても食べやすく、一度たべたら癖になる美味しさを実現したアイスですよヾ(´▽`*お試しあれ~。

みんな、絶賛でした。

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*
やさいのアイスの購入先
奥出雲グリーンファームさとう奥出雲ショップ

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

紹介した商品はすべて奥出雲で作られたこだわりの逸品です。
量販品に比べれば、値段は少し高め。
それでも、私たちはあえて、これを選びたい。

食べる物を変えれば、
カラダが変わる。
人生が変わる。
私が変わる。

そう信じて、今日を生きます。

同じように見える葉でも
一枚一枚違うように
ありふれた今日かもしれないけれど、
同じ日は決して来ない。


奥出雲で暮らすと毎日が違う。
そう思える日々がここにあります。


前へ
一覧へ
次へ

コメント(1)

ニックネーム

6文字まで / 公開されます

メールアドレス

公開されません

メッセージ
顔マーク 顔マーク

好きな画像を1つお選びください。サイト上でご自身のマークとして表示されます

投稿キー
投稿キーを入力
上の数字と同じものを入力してください

ちゃみ   2011-01-13 23:47:10

一風庵の湯葉蕎麦、最高!! 一度食べたらはまります。雪で食べにゆけないのが残念です。