勝手に奥出雲探求レポート

前へ
一覧へ
次へ

奥出雲の畑じかん【後編】

奥出雲の畑じかん【後編】

暑い日がまだまだ続く日本列島(゜Д`;A) 汗・・・タラー
皆様、いかがお過ごしですか。奥出雲ごこち事務局 みなリンです。

今回は8月初旬にお届けしました「奥出雲の畑じかん【前編】」の続き、
【後編】をお届けします。


*☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**
さて、【前編】では

その1 草刈り
その2 蔵の見学
その3 野菜の収穫  をお届けしました。

【後編】は

その4 干し草集め
その5 牛へのエサやり
その6 牛舎の掃除
その7 料理作り  をお届けします。
*☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**☆**

【その4】

草刈りをした草を天日に干して、乾燥させること
チクタクチクタクチクタク・・・・・2日~3日

「干草」の完成です。牛さんの主食です。

丁寧にレイキで集めて、
後はロールベーラーでバクバクして・・・・

ロールが1つ出来上がり

牛さんたちがいつでも食べれるようロールにしたものを小屋に保存しておきます。干草にすることによって保存がきくんですね。

 

【その5】

牛舎へ行って、牛の親子とご対面

「知らない人」が来たぞ!とギロッと見られて、
少しビクビクしていたけど、
すぐにやさしい顔になってくれました。

さきほどのロールをくるくるほどいて・・・

やっぱり、お日様の光を浴びた干草はおいしいんだね。

【その6】

続いて、牛舎の掃除。
牛舎に入って一番最初に思ったこと。

「あれ!?くさくない(゚Д゚)」
丁寧に育てられた牛さんのフンはびっくりするほど臭くないんです。

*:..。o☆★o。..:**:..。o☆★o。..:*
石原のお父さん
「牛はもちろん、家族の一員。牛たちにも快適に過ごしてほしい」
*:..。o☆★o。..:**:..。o☆★o。..:*

毎日の牛舎の掃除はお父さんの仕事だそうです。
「なかなか、手際がいいぞ!」と褒めて頂きました∩(o'∀'o)∩

そして、これが大切な畑や田んぼの肥料になります。

農薬を使わない循環型の農業を営む石原さんのお宅

堆肥は自然のものしか使わない
それが、石原さんの導きだした答えだそうです。

*:..。o☆★o。..:**:..。o☆★o。..:*
農薬や化学肥料を使えば便利かもしれない
けど、それでは誰も喜ばない
家族も、できた野菜やお米も、土も、地球も

みんなが喜ぶために
ちょっと不便で、ちょっと手間がかかるけど、
その方が心地いい。
と笑顔で話してくれました。
*:..。o☆★o。..:**:..。o☆★o。..:*

【その7】

そして、採れたての野菜でお昼ご飯をお母さんと一緒に作っちゃいました。

自分で収穫したものをすぐに作って食べれる喜び。
この嬉しさと楽しさは他では味わえません。

食べれないところの野菜くずは牛さんに食べてもらうんですって。
土からできたものを収穫し、また土にかえすんですね。

鍋やフライパンも自分の戻るべき場所があった方が落ち着くよね。

こうして、できたおいしい昼食
*:..。o☆★o。..:**:..。o☆★o。..:*
お母さん 「何にもなくて本当にごめんね」
「いえいえ、この野菜が何よりもご馳走です」゚+q(´∀`)p
*:..。o☆★o。..:**:..。o☆★o。..:*

お父さんとお母さんがポタポタと汗を流しながら、
クタクタになるまでお世話して
やっとできた野菜やお米・・・。

◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。
ポタポタとクタクタの想いがこめられている生きた証
感謝をして、心をこめて「いただきます」

「野菜が本当においしい」
そのおいしさに特段の技術は・・・・必要ないんです。
「手仕事を惜しまず、愛情をそそぐ」
それが遠いようで、美味しさにつながる一番の近道のようです。
言葉にすれば簡単なこと。
石原さんのお宅ではそれが実践され、生活の中に溶け込んでいました。
◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。

この農業体験を通じて、私はふっと立ち止まって考えました。
「本当の幸せ」って何だろう( ;゚Å゚)
石原のお父さんとお母さんのような素敵な笑顔で過ごしているかな。

ゆったり、のんびり、そんなことを考える日があっても
いいのかもしれませんね。

そう、思われた方は是非、こちらをご覧ください。
→ http://www.okuizumogokochi.jp/1391


さてさて、【前編】にて出題しました「あの道具」の使い方・・・・
皆さん、わかりましたか?

正解は・・・・

ふむふむ・・・さといもの皮がつるっとむけるんだぁ
こうやって使うんですね。


 

 

本当に素敵な一日でした。

石原の

お父さん、お母さん

ありがとうございました

┗(*^∇^)(^∀^*)┛




前へ
一覧へ
次へ

コメント(5)

ニックネーム

6文字まで / 公開されます

メールアドレス

公開されません

メッセージ
顔マーク 顔マーク

好きな画像を1つお選びください。サイト上でご自身のマークとして表示されます

投稿キー
投稿キーを入力
上の数字と同じものを入力してください

奥出雲ごこち事務局 みなリン   2010-09-03 14:39:48

「湾岸」様、嬉しいコメントありがとうございます♪「お試し田舎暮らし体験モニター」へのご応募お待ちしております!!特にスケジュールの中の「こんにゃく作り」が私のお勧めです。自分で作ったこんにゃくを「刺身こんにゃく」にして醤油を一滴(ポタリ)・・・はあ~、おいしい。

奥出雲ごこち事務局 みなリン   2010-09-03 14:26:35

「MO3」様、コメントありがとうございました♪随分とお待たせして申し訳ありませんでした。井出で使う「洗い車」!?・・・・「あらいぐま!?笑」それも芋を洗う道具なんですね(ふむふむ)これからも、奥出雲らしさを発信していきますので、宜しくお願いします♪

湾岸   2010-09-03 00:24:55

後編楽しみにしていました。 奥出雲には行ったことがありませんが、 仕事の都合がつけば、 お試し田舎暮らし体験に応募しようと思っています。 芋の皮をとる道具もびっくりしましたが、 イラストが可愛いですね。 これからも奥出雲時間楽しみにしています。

MO3   2010-09-02 09:58:30

後編まで随分待たされました。 推察はできたのですが柄の付いた芋洗い籠は珍しいでしょうね。普通目にするのは細長い籠か井出で使う洗い車ですよ。 いろいろな探求レポート頑張ってごしなはい。